彼女とお酒を飲んだ川越の割り切り

それは本当に深夜の腹痛ではありませんか?そういえば、

お腹が痛い気がします。

そして〜!その日が来ました。川越の割り切り

彼は前の晩から胃に食べ物を入れておらず、水だけを飲んでいます。お腹がすいたように感じますが、そうではありません。やっぱり胃の中に何かあるの?そんな不安にもかかわらず、私は♪スキップ♪で病院に行きました。

“みおさん、お願い! ”川越の割り切り

医者は再び説明した。胃鏡を実行するための指示。 「腫瘍があれば、それを切り取り、悪性かどうかを確認します。」
「その場合は、今日は飲まないでください」
「お酒は飲めません」と彼女は私に言い、治療室に行きました。

若い看護師が私に話しかけます。

「胃カメラは初めてですか?」

「いいえ、私は何度も口に入れていますが、鼻を通るのは初めてです。」

「ああ、誰もが鼻からの人はもっと楽しいと言う。」
自由に話したいので、「先日、お腹カメラを飲むのが夢だったよ♪」と言いました。

「え」

「夢は現実であり、本当に大変だったのかしら。でももう一度やり直さなければならない。」

「そんなに嫌いだ。」川越の割り切り

「だからこそ、2番目の精神的な助けになるのです!」

そのような会話をしながら、看護師は穏やかに、そして楽しく笑った。
次に、鼻から吸い込まれた麻酔を吸い込みます。

「どちらの鼻がいいですか?」
私が吸入したとき、私は正しい鼻孔が優れているように感じました。

「右側に♪」
“はい”

そして、右の鼻に柔らかい棒を入れます。

川越の割り切り継続する

ちなみに、結果として、私たちの博多ラーメンは残念なことに3位にランクされましたが、通常、私はそれほどラーメンに夢中ではありません。 uki岐うどんに負けたのは、うどんファンの組織図です! !川越の割り切り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です