川越で出会いがあり簡単に大切だと思える

これについて話した後はいつも…

川越で出会い「人生は一生に一度の出会い。人々の出会いを大切にする阿寒。人々に出会うのは当たり前のことです。さようなら、私はそれを助けることができません…阿寒はとても簡単な考えです。
人々が確実に解散する日が来るでしょう。阿寒に別れているときでも。
わかりますか?どちらかが死んだときです。
たまには、その日に起きましょう。あなたの後に、あなた自身のことを考えてください。 「

川越で出会い60歳前後の小川氏は、4歳から6歳までの2年間について尋ねられました。

私たちは大学生である私たちによく理解することができませんでしたが、2中の時点でどういうわけか理解し始めました。川越で出会い

文字数制限のため、書くときは…
当時、小川先生は癌にかかっていました、そして、彼の妻も癌治療のために入院しました。
また、30歳半ばの息子も感染したと言われていますそれは初期の段階で発見されましたが、癌とのED。

母から言われたとき、私は半分欲張りで、私は見せなかったことの涙を感じました。

 

 

しかし、私が大人になったとき、私ははっきり理解しました。川越で出会い

人生は戦いです…会社での勉強と仕事の両方、愛は戦いです。
しかし、それは誰かとの戦いではなく、それは私との戦いです。川越で出会い

私はそれでセットで話していた言葉

人と人は一生に一度の会議です…人生の戦いは、自分との戦い、他人との戦いではありません。
それどころか、私はそれが大事にすることが問題だと思いました。なぜなら、死はとにかく別の死者なのですから、出会いに感謝したり戦ったりしないようにするためです。

川越で出会い小川先生が当時自分で話していて、私が話していたのではないかと最初に涙が出たのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です