夜に触れる川越の割り切り

(^_^)

タカヒロヾ(* ‘-‘ *)メタデータ♪

鳴る空気

ドライシューの音
別に
接続されたシャドウ内川越の割り切り
少し遅れて

何度も点滅し続ける
たくさんのピアスポイント

見上げて線に結びます川越の割り切り

いくつかの物語
レイヤーとスピン
機織り
そんな夜

歩くたびに
そっと頬に触れる川越の割り切り

あなたの名前
溶けた息
白く淡い

心配の手をこする
私は必死にウォームアップしようとしています

まだ
寒すぎる
私の手川越の割り切り
欠席
朝待ち

見えない
静かに届くといいな

すぐに沈む月のように

あなたの半分
私はそれがほしい
今年は忍耐の年でした

私は麻痺します

川越の割り切り年をとると、あまりにも多くのものがあります

知りません

しかし、私は患者です

一度それを我慢して、一息ついて、いろいろな方向から考えて、自分を強制的に説得してください

私はそんなに繰り返したときに麻痺した

仕事も私に任せてください
どうもありがとうございます川越の割り切り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です