実際に失敗をした川越の割り切り

私は失敗しません、

主人公の医者になった川越の割り切り
米倉涼子の決まり文句

実際、この言葉は
感じる場所があります

川越の割り切り私は糖尿病を助けます
どうやって手に入れたの?

右側から白または灰色
車が見えにくい

川越の割り切りそして目は少し白いです
何が私を感じさせた

最初は白内障でした
思った
今では手術で簡単に治る
風にそれを聞いた
駅前の眼科医に行きました

医者からこれ
糖尿病から来ます
現在の血糖値での手術
できません川越の割り切り

内科で糖尿病を治療した後
また来て

検査入院および眼科治療
私はそれを受け取りました

当時の先生は目の手術をしました
推奨しない
→話すことは、
おもう
合併症のリスク
とても高価です

ある程度の血糖値川越の割り切り
降りてダイエットを始めました

左目の黒いガーゼのようなもの
あなたは見たり隠したりできます
→目は大丈夫ですか? 、、いつ

私は少し心配していました

その後、眼科医の医師が変わりました
相談の直後に相談があり、

実際、右目が緑内障になりやすい場合
離れたら、右目
盲目になる可能性がある場合

川越の割り切り確かに普通の人よりも失敗する
ありそう

外科医
やってほしい
→先生は失敗しないと確信しています
きれいだったようです

最終的に盲目になったら
失敗の手術
私は決めた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です