恵比寿出会いでの昔話でした

恵比寿出会いの言葉はミズミのように聞こえます。幼年期の言語は歌姫です

秋の夜に虫が何であるかはわかりませんが、道端にきしむ虫がいます。大声で叫ぶ。老人は、ワームが鳴ったと思ったようです。実際、剣の叫び。
これから出てきた恵比寿出会いの言葉は「ro音」でした。
「歌唱歌」は昔話です。
恵比寿 出会い

むかしむかし、虫とヘビは目と歌声を交換しました。ワームには目がありません。

恵比寿出会い
地獄を抱くことができる女性に叫ぶ
(鈴木正樹)
奥山で叫び、道があった
(上田五石)
鳴る古い指輪のラブレター
(稲垣菊乃)
叫ぶと耳が聞こえます
(森純男)
俳句の歴史上、禁止され、クリアされ、泣いている
(池田すみ子)
子供たちの歌と歌
(山場ゆり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です